Webチャネル

Webチャネル

チャット、Click-to-Call(クリック・トゥ・コール)、ビデオ、またはメールによるアクセスを提供し、お客様と簡単に交流する機会を提供。

Webチャネルソリューションは、顧客満足度(CSAT)、売上、1取引当たりの収益を改善するだけでなく、コスト削減にも繋がります。

テレパフォーマンスは、お客様に解決策を提供するための豊富な経験と知識があります。業種、ベストプラクティス、ビジネスプロセスの詳細な知識や消費者動向を提供することが可能です。お客様がどのテクノロジーを選択されるかに関わらず、お客様にとって最良のソリューションを実現するためにサポートします。

image
  • Click-to-Chat(反応型と先回り型)


  • Click-to-Call(反応型と先回り型)


  • ビデオチャット


  • メール/ Webフォーム

  • Webチャネルを使用しセールスと1取引当たりの収益を改善します。

    お問い合わせ

    Webチャネルを使用しセールスと1取引当たりの収益を改善します。

    お問い合わせ
    Click-to-chat

    Click-to-Chat(クリック・トゥ・チャット)

    チャットは、お客様がウェブサイトから情報を入手する際の簡単な方法です。 一般的に、お客様は1分以内にエージェントの対応を受けることができ、質問に対しての回答を困難なく迅速に得ることができます。 チャットの配置は、ウェブサイト全体に配置することも、カスタマージャーニーに不可欠な特定のページに集中して配置することもできます。

    チャットは次の目的に適しています。

    •放棄率と1問い合わせにかかる費用の削減。

    •複雑で顧客に疑問を残す可能性のある製品およびサービスのサポート。購入を妨げる懸念のある製品およびサービスのサポート。

    •ウェブサイト上のセルフサービスオプションの内容を補充する。お客様がさらに情報が必要な場合にサポートする。

    Click-to-call(クリック・トゥ・コール)

    お客様は、ボタンをクリックすることで、自身のコンピュータまたはデバイスを介して、エージェントと直接対話することができます。モバイルデバイスを使用するお客様が増加しているため、Click-to-Callはお客様がウェブサイトから離れずに連絡を取る便利な方法を提供します。

    音声通話と異なる点として、Click-to-Callはお客様が閲覧されたページから(エリアを選択しログインされている場合は、そのお客様の詳細も含む)、対応エージェントおよび提供される最終ソリューションまで追跡することができます。 これは、各Webページが抱えている特定の問題点を理解する素晴らしい機会を提供します。 

    これにより、企業はお問い合わせ数を減らすためにウェブコンテンツを更新することができ、コスト削減につながります。 目標のひとつがセールスであるサイトの場合、ウェブサイト上の見込み客からエージェント経由での販売終了まで追跡できます。

    Click-to-call

    Click-to-call(クリック・トゥ・コール)

    お客様は、ボタンをクリックすることで、自身のコンピュータまたはデバイスを介して、エージェントと直接対話することができます。モバイルデバイスを使用するお客様が増加しているため、Click-to-Callはお客様がウェブサイトから離れずに連絡を取る便利な方法を提供します。

    音声通話と異なる点として、Click-to-Callはお客様が閲覧されたページから(エリアを選択しログインされている場合は、そのお客様の詳細も含む)、対応エージェントおよび提供される最終ソリューションまで追跡することができます。 これは、各Webページが抱えている特定の問題点を理解する素晴らしい機会を提供します。 

    これにより、企業はお問い合わせ数を減らすためにウェブコンテンツを更新することができ、コスト削減につながります。 目標のひとつがセールスであるサイトの場合、ウェブサイト上の見込み客からエージェント経由での販売終了まで追跡できます。

    Video Chat

    ビデオチャット

    ビデオチャットは、Click-to-Callで提供される同じ機能と利点を備えていますが、必要に応じてお客様がエージェントの顔を見ながら対応を受けることができ、その逆も可能です。対応中に、顔が見えるようにすることには、大きな利点があります。特に、高い信頼性が必要とされる銀行のVIP顧客対応など、お問い合わせ数が少なく高い収益のビジネスレベルではビデオチャットのメリットが高いといえます。

    ビデオチャットは、サポートの種類によっては素晴らしい選択肢です。専門家が直接お客様を訪問する代わりに、お客様は商品の不具合をエージェントに見せることができ、エージェントは製品の問題解決方法をお客様の目の前で見せることができます。 

    シンプルなビデオよりも、ビデオチャットは双方型のコミュニケーションをとることができるため、製品の機能を説明するのにも最適です。ビデオと違って、エージェントはお客様に寄り添った対応ができ、最低限今後のフォローをする際に必要な情報を得ることができます。

    メール/Webフォーム

    メールは依然として非常に人気のあるチャネルです。当社のデータによると、メールチャネルは二番目に多く使用されているチャネルであることがわかっています。

    お客様がメールや Webフォームを送信されたとしても、そのお問い合わせ対応チャネルが必ずしも適切なチャネルとは限りません。私たちは、オムニチャネル戦略の一環として適切な代替チャネルを介してメールの応答をサポートすることができます。

    Email/web-form

    メール/Webフォーム

    メールは依然として非常に人気のあるチャネルです。当社のデータによると、メールチャネルは二番目に多く使用されているチャネルであることがわかっています。

    お客様がメールや Webフォームを送信されたとしても、そのお問い合わせ対応チャネルが必ずしも適切なチャネルとは限りません。私たちは、オムニチャネル戦略の一環として適切な代替チャネルを介してメールの応答をサポートすることができます。

    テレパフォーマンスの統合されたチームは、お客様企業のニーズを満たすソリューションを提供するために戦略的に構築されています。

    お問い合わせ

    テレパフォーマンスの統合されたチームは、お客様企業のニーズを満たすソリューションを提供するために戦略的に構築されています。

    お問い合わせ
    Curve

    反応型と先回り型

    反応型のチャネルは受動的であるため、お客様とさらなる問い合わせ対応を促すことはありませんが、必要に応じてサポートを受けられるという保証をお客様に提供します。

    先回り方のClick-to-chatとClick-to-callは、タイミングやウェブサイトの統計情報を利用して、チャットや通話をするようにお客様を促します。これらの統計分析内容には、ウェブサイトにて費やしている時間、特定のボタンを選択する活動情報、または特定のポイントへのスクロールなどが含まれます。

    reactive

    テクノロジーに関して

    テレパフォーマンスは、必要に応じてこれらのテクノロジーを提供することができます。一方で、現在使用中のテクノロジーを使用することも可能です。しかし優れた交流型のソリューションの実装が制限される可能性もあります。

    私たちのチームは、既存のソフトウェアのこうした限界を克服するのに役立つソリューションを提案することができます。

    シェア